投資信託は以前として人気

投資信託は収益を分配する

長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。

 

投資信託とは、それぞれの投資家から集めた資金を1つにまとめ、投資のプロが債券や株式などに分散投資を行い、運用成果に応じて収益を分配するという「金融商品」のことです。

 

投資信託は、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。

 

投資信託を購入するには、自己責任が求められるのです。 投資信託を購入するなら、賢く投資しなければなりません。投資信託の中にはリスクが高く必ずしも安全に投資できないものもあるからです。

 

【投資信託と株式投資の違い】

 

投資信託と株式投資の大きな違いは、株式投資は自分で行い(売る人がいなければ買えない)、投資信託は、売る人がいなくても購入できる市場に頼るという違いがあります。


投資信託の歴史

 

日本で最初の投資信託は、1941年に野村證券が委託者として、野村信託を受託者とする投資信託が設立したのが始まりといわれています。

 

翌年には野村證券をはじめ、5社の証券会社が委託者として業務を開始しました。1945年には第2次世界大戦の終結により、募集が打ち切られ、1948年の株価高騰を機に1950年3月まで順調に償還しました。

 

戦後の投資信託は、株式市場が沈滞している中で、1951年に再開され、証券投資信託法が公布、施工されました。

 

このとき、現在の日本における投資信託制度の法律的基礎が確立しました。

 

翌年には大和證券が日本で初めて追加型投資信託「大和オープン」の募集を開始します。
1959年、日興・野村・山一・大和証券で兼営の投資信託委託業務を分離する為に投資信託委託株式会社を設立しています。

 

1961年には公社債投資信託が開始され、投資信託は飛躍的に発展していきます。しかし1965年の証券不況により、投資信託は試練期を迎えました。

 

この時に大蔵省は証券投資信託法の改善策を検討し、1967年に受益者の保護と証券市場の健全な発展を徹底しようと考えました。

 

その為、委託会社の受益者に対する忠実義務の明示等を規定した「証券投資信託法の一部を改正する法律」を公布、施工しました。

 

その後日本の経済成長に伴い、株式市場も活発化していき、投資信託も順調に伸びていきました。

 

それからは株式市場の急落で、低迷が続いたり時期もありましたが、1992年5月にMMFが設立され有利な金融商品として投資家から評価を受けています。


 

更新履歴